ブーブログ。

育児にお手上げ白目状態な私が色々発信しています。甘いもの食べないとやっていられないわ

パソコンのマウスの電池を交換して気付くのは、結構電気が残っているという事 。

多分、ワイヤレスマウスを使っている多くの人がマウスの中に入れる電池の交換をしたことがあると思います。

今はマウスを充電して使うタイプのモノもありますが、結構まどろっこしいのでマウスに電池を入れて使うタイプのワイヤレスマウスの方がユーザーは多い様です。

私もその一人です。子供がいるのでよく充電ケーブルにひっかかって転びそうになってしまうのでワイヤレスマウスを愛用中。

 

毎年新しいマウスが発売されて使用電力も徐々に少なくて済む、電力コスパの良いマウスも増えてきていますが、しかし他の電池を使う電化製品に比べるとマウスは電池の使用頻度の高い製品だと思うのです。

 

そんなマウスから出た、マウスでは使用不能になった古電池ですが、このまま廃棄に回してしまって本当に良いのでしょうか?

 

実際に、古電池を何か別の電化製品に使い回しが出来ないかリサイクルしてみると、意外なものに使えることが分かって来ました。

まずは、良くある時計ですが壁掛けのモノに使ってみた所、古電池なのにその後3ヶ月は動いてくれたので、マウスではかなり残量を残してても使えなくなることが分かりましたね。

他には、低電力の電池式のシェーバーや、ビューティーバーと言う振動する某を肌に当てると顔の筋

 




肉を~云々な美容器具にも使えたので、マウスから出た古電池はしばらく持っていた方が良さそうです。

まだまだ他の低電力電池式電化製品にも使える気がするので、

お手持ちの何かに入れて試してみて欲しいですね。

因みに今回使用している電池の規格は、単三電池です。

 

この様に、無くなった!と思っていても結構残っていたりするので、色々試して完全に電力を失ってから電池は捨てるようにして行きましょう。