boobooblog☆

ぐうたら主婦がのんびり色々な情報を発信したいと思います!

これから平成と印刷された商品が安売りされて行く現実 。

今日は年号についてのお話です!

 

新し年号になって、それがいよいよ実現して使われる様になるまであと少しです。

 

特に平成の年号が印刷されてしまっている事務用品や商品、平成と言う言葉が冠にされているモノは徐々に、今まで鎮座していた商品棚から排除されて行き、最終的には人々の記憶の片隅からも撤去されて行くのです。

 

また、スーパーなどでは賞味期限が切れそうなものを置いてある安い物コーナーに、そろそろ終わるを告げる平成と書かれた食品や平成の年号になる筈が無かった日にちが賞味期限として記載されているモノが、続々と置かれて行く事でしょう。

 

そうして、商品の世代交代が進んでいくと思うのですが、商品自体の味や品質は変わる事は無いと思うので、出来ればそう言った商品を積極的に買って行った方が良いですね。

 

多分、スーパー以外にも、色んな店の色んな商品でこんな感じの安売りや値引きが行われると思うので、買いたい人と安売り商品の量が比例しない可能性もあるのです。

 

もしかしたら、昭和から平成になる時にもこんな入れ替わり劇が繰り広げられたのかも知れませんが、昭和から平成になる時にはもっと元号を決める時間が短く

、急に平成の世の中になったので、さぞかしかなり慌てたのだろう?と考えると、想像を絶する程の忙しさであっただろうと思いましたね。

 

今回は、元号が変わるその時までの時間に余裕がある中での新しい元号発表だったので、昭和のあの瞬間の頃を思い出すと、かなりゆったりと時代を変化させている気がします。